ムバッペに並ぶ“最強クラスの20歳” 天才レフティーが作ってきた記録の数々

レヴァークーゼンのハフェルツ photo/Getty Images

ケルン戦でもう1つの記録が

現代最強の20歳といえば、パリ・サンジェルマンFWキリアン・ムバッペを思い浮かべる人が多いだろう。しかし、ドイツにも見逃してはならない特別な才能の持ち主がいる。

レヴァークーゼンでプレイするMFカイ・ハフェルツだ。ハフェルツはすっかりレヴァークーゼンのキーマンとなっているが、14日のケルン戦に出場すればブンデスリーガ通算100試合出場を達成する。

ブンデスリーガ公式も20歳で100試合出場を達成しようとしているハフェルツに驚いているのだが、この攻撃的MFは次々と最年少記録を塗り替えてきた神童なのだ。

ブンデスリーガデビューを果たしたのは2016年10月のブレーメン戦で、この時ハフェルツは17歳4ヶ月5日だった。これはクラブ史上最年少記録となっている。

さらに2017年4月のヴォルフスブルク戦ではブンデスリーガ史上最年少得点記録を更新。1年後の2018年4月14日には史上最年少でのブンデスリーガ50試合出場を達成することになり、レヴァークーゼンで絶対の地位を築くことになった。

覚醒したハフェルツは2018-19シーズンにMFながらリーグ戦17得点を記録したのだが、10代のうちにブンデスリーガ17得点を達成したのもハフェルツが初めてとなっている。

あらゆる最年少記録を打ち立ててきたハフェルツは、ムバッペと同じく国を代表するスーパースターになろうとしている。EURO2020、2022カタールワールドカップでドイツ代表を引っ張る存在となれるはずで、20歳の天才MFがどこまで伸びていくのか楽しみだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.241 予測不能なラウンド16
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ