守備のデータはほとんどが“1位” 青きアグレッシブ軍団の躍進は奇跡じゃない

好調を維持するレスター photo/Getty Images

トップ4入りは十分に狙える

2度目のプレミアリーグ制覇は難しいだろうが、レスター・シティのトップ4入りはすでに見えてきていると言っていいだろう。第16節キックオフ前の時点で勝ち点35を稼いでおり、ブレンダン・ロジャース率いるレスターは安定感抜群だ。

やはり注目されるのは14得点を奪っているエースのジェイミー・バーディだが、ロジャースのチームで最も評価されるべきは守備のバランスだろう。チャグラル・ソユンク、ジョニー・エヴァンスを中心とした最終ラインはとにかく安定している。

英『sky Sports』が改めてデータを紹介しているが、まず15試合を終えた段階で失点数が一桁なのはレスターだけだ。レスターは15試合戦って9失点に抑えており、クリーンシートの回数もリーグトップとなる7回を数える。

ジェイムズ・マディソンやバーディら派手な攻撃陣に目が行きがちだが、この安定した守備こそレスターがトップ4入りを狙えると評価される理由でもある。今の彼らには大きく崩れる気配がない。

頑張っているのはセンターバックの2人だけではない。1試合平均のタックル数は20.9回を記録しており、こちらもプレミアNo.1だ。MFウィルフレッド・エンディディ、右サイドバックのリカルド・ペレイラなどを中心にチーム全員のハードワークが効いている。

その効果もあってか、レスターは1試合平均の被枠内シュート数も2.9本とリーグ最少なのだ。枠内に飛んでくるシュートが少なければ、当然失点のリスクも減る。しかも未だにセットプレイからの失点が0となっており、これも大きい。

今夏はセンターバックのハリー・マグワイアをマンチェスター・ユナイテッドに奪われることになり、レスターの守備は脆くなったはずだった。ところが穴を埋めるソユンクとエヴァンス、そして組織でのハードワークによって以前よりも強固な守備ブロックが完成している。

12月21日にはマンC、その次の26日にはリヴァプールとの戦いが予定されている。両クラブともレスターには手を焼くはずで、青き戦士たちは今季のプレミアをかき回す存在となっている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.241 予測不能なラウンド16
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ