闘莉王、引退会見全文③ たくさんの仲間や家族に支えられた19年間

1日、京都サンガF.C.に所属する元日本代表DF田中マルクス闘莉王が都内で記者会見を行い、今季限りで現役を引退することを発表した。これまで熱い魂で日本サッカー界を牽引してきた闘将が、会見で現在の心境や19年間のプロ生活などを振り返っている。

質疑応答など、コメントは以下のとおり

――日本へのルーツでもある日系人のお爺様やお婆様がいますが、2人から聞かされた言葉で印象に残っているものは?


「僕は1998年に来日しましたが、当時は携帯もなく、インターネットもなく、情報もものすごく少ない中で、日本へ来ることになりました。おばあちゃんも、おじいちゃんも、戦前にブラジルへ移民したわけで、あの時の日本と98年の日本の違いがあまりにも多すぎて、環境的なアドバイスは正直、あてになることはあまりありませんでした。でもおばあちゃんにずっと言われていた『日本魂』、『日本人魂』、人に対する『リスペクト』、そういうところはブラジルとは違う。本当に口すっぱく言ってくれたことが、会うたびにそういうふうに言ってくれたことが、日本に来て少しでも文化を理解し、少しでも言葉を話すことつながった。そのおばあちゃんの言葉の意味がどんどん膨らんでいき、やっぱりこういうことを言ってくれていたんだなと。(日本に来て)もう21年、3月で22年になるんですが、(日本に)いればいるほど『日本人魂』、人に対する『リスペクト』というのは大切なものだなと感じます」

ーー 印象的なチームメイトについて


「ありがたいことに、まっすぐ生きてきたせいかわかりませんけど、仲間よりも兄弟のような選手がたくさんできました。血はつながっていないんですが、心がリンクしているような感じが会うたびにしています。本当に数え切れない、もう名前を挙げれば誰かのことを忘れていまいそうで、ちょっと失礼になってしまうかもしれません。ただ、たまに自分は失礼なことをするので、名前を言わせてもらいます。本当に楢さん(楢崎正剛)であったり、岡野さん(岡野雅行)、平さん(平川忠亮)……、もう数え切れないほどの人がいるのでね。一回飲んだだけで、またこの人と飲みたくなる、この人と楽しい時間を過ごしたくなる。たくさんの人たちがいる中で、こんなよそ者を受け入れ、たくさん支えてくれた仲間たちとは、本当に切っても切れない縁だと思います。日本代表の監督でもある森保さんにも、(広島に)入団した当時から色々と食事に連れていってもらいました。いろんな人たちにお世話になったなと、心から感謝しなきゃいけないなと思ってます」

――現在の日本代表には長友や川島ら戦友がいるが、日本代表に伝えたいことや想い


「自慢に聞こえるかもしれませんが、いまだに(W杯)ベスト16の壁があって、一番近くに迫ったのが、越えそうだったのが2010年の代表だと思います。前回(ロシアW杯)の西野監督(が率いる日本代表)の活躍もも素晴らしく、目に光るものがあった。自分と一緒に戦った数少ない人たちもまだ残っています。やっぱり簡単な壁ではないのは分かっています。短期間で互いを信頼し、チームとして戦うのは本当に難しい。まだベテランに引っ張ってもらいたい。やっぱベテランの力は必要だと、欠かせないことだと思っています。背中で見せていただくことを期待している。岡田さんも西野さんも日本人監督で、そして森保さんも日本の人監督。『日本魂』を表に出して、是非活躍していただきたいなと思います。もっともっと子供たちが『日本代表になりたいな』と、『このチームを応援したいな』と、『やっぱり楽しいな』と、代表だけでなくJリーグも盛り上げて欲しいなと思います」

ーー引退を報告した際の家族の反応は?


もう22年間も日本にいます。年に1回くらい(ブラジルへ)帰って、帰るたびに両親の歳の取りぐあいを見ると、妹に任せきりですごく罪悪感を感じます。もう両親は60歳を過ぎ、200歳ぐらいまで生きて欲しいんですが、それは不可能。少しでも側にいて、支えてやりたいなと思います。22年間も(日本に)いれば、すごく親しかった親戚たちの最後を見とれなかったこともたくさんあった。その苦しい想いは何をやっていても心から取り除くことはできません。(両親が)まだ元気なうちに帰って、22年間できなかったことをできる限り取り戻したいなと思います。今までは『サッカー選手を)辞めるぞ』とお父さんに言っても反対されていましたが、やっと『帰って来い』って言ってくれたので、少しでも楽しい時間を過ごせるように、時間をかけてやっていきます」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ