キャリアを奪った古巣へ怒りの言葉も 元ミラン主将モントリーヴォが現役引退

現役引退を表明したモントリーヴォ photo/Getty Images

ミランが現役引退に追い込んだ!?

元イタリア代表MFリッカルド・モントリーヴォが13日、現役から退くことを表明した。

現在34歳のモントリーヴォは、2003年にアタランタでプロとしてのキャリアをスタートさせ、2005年からはフィオレンティーナで、2012年からはACミランで活躍。ミラン時代には、元日本代表MF本田圭佑とも一緒にプレイしている。しかし、ミラノの名門クラブでは靭帯断裂などの大怪我にたびたび悩まされ、近年は思うような出場機会を得られず。挙げ句の果てに昨季はチームの戦力外となってしまい、1試合も出番を与えれないまま今夏にミランとの契約が満了を迎えフリーに。新シーズンが開幕して以降も所属先が決まらない状態が続いていた。

こういった状況もあり、モントリーヴォは現役引退を決意した。伊『Correre dello Spor』のインタビューで「僕は今からプレイをやめる。家族と一緒にミラノに住み続けると思うけど、これから何をするのかはわからない。少し考えさせて欲しい」と語っている。

そして、昨季まで7シーズン過ごした古巣ミランや、ジェンナーロ・ガットゥーゾ元監督などへの不満も爆発させている

「(ミランが)私のプレイをやめさせたと言えるだろう。7年間プレイしたにも関わらず、ファンに別れを告げる機会さえ与えてくれなかった」

「ガットゥーゾはフィオレティーナ戦で僕をプレイさせるより、(DFの)カラブリアをポジションチェンジさせることを好んだ。彼は僕の質問に全く答えてくれなかったし、問題が僕にないことを気づいたよ。監督と話をした時も、彼はテストの結果がチームメイトたちと同じレベルにないと伝えてきた。でも、11月中旬までチームと一緒にトレーニングすることが許させなかったので、おそらく理由は違ったんだろうね」

「ガットゥーゾと僕の間には何も起こっていない。答えをもらえなかったから、この状況を自分で説明することすらできないよ。ガットゥーゾがモンテッラの代わりにやってきた時、僕や他に経験のある選手たちに電話をかけ、アドバイスを求め、的確なサポートを得たのにね」

さらに、レオナルド・ボヌッチが電撃加入した際に、キャプテンを降ろさせた当時のことも振り返っている。

「ボヌッチの到着後、ミラベッリ(元SD)やモンテッラがキャプテンを降りるべきだと言ってきた。そして、僕はキャプテンではなくなったんだ。ミランは絶妙なバランスが取れた素晴らしいクラブだったから、(キャプテン交代は)いいアイデアとは言えないと僕は答えたよ。ボナヴェントゥーラのような素晴らしい役割をこなしていた他の選手もいたから、チーム内で決めるべきだったけど、彼らは議論はしないと答えた。これはリー(・ヨンホ)会長の決定だったんだ」

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ