伝説の“モウリーニョ軍団”を超える幕開け コンテがインテルで起こすマジック

インテルを率いるコンテ photo/Getty Images

目指すは勝ち点90超え

開幕から12試合を消化して10勝1分1敗。アントニオ・コンテを迎えたインテルは見事なロケットスタートを切った。首位は勝ち点差1で王者ユヴェントスに譲っているものの、ここまでは100点に近い立ち上がりと言えよう。

何より驚異的なのは、開幕後の12試合でコンテ以上の成績を残したインテル指揮官が過去に1人もいないということだ。コンテは12試合で勝ち点31を稼ぎ出したが、これは3冠を達成したジョゼ・モウリーニョ政権をも超えるスタートとなっている。

伊『Sky Sport Italia』がまとめているが、モウリーニョの下で3冠を達成した2009-10シーズンは9勝2分1敗で勝ち点29を稼ぐスタートだった。当時のチームはGKジュリオ・セーザルやDFルシオ、ワルテル・サムエルらを中心とした強固な守備が自慢のチームだったが、今季はそんな伝説軍団をも上回るスタートだ。

ロベルト・マンチーニの下でセリエA3連覇を果たした時のインテルも強かったが、コンテはマンチーニ政権のスタートをも超えている。2006-07シーズンは9勝3分の勝ち点30スタートだ。

とはいえ、当時のチームはそこから怒涛の17連勝を達成し、最終的には勝ち点97を獲得してシーズンを終えている。2位ローマに勝ち点差22をつける超独走体制での優勝となっており、コンテのチームがこれに続けるかはまだ分からない。

ちなみに、ルチアーノ・スパレッティが指揮した2017-18シーズンもマンチーニ政権と同じ9勝3分のスタートを切っている。こちらは12月から8戦白星なしの迷路に入り込んで最終的に5位でフィニッシュしているため、これと同じパターンになるのは避けたいところ。

インテル史上最高とも言えるスタートを切ったコンテ率いるチームはユヴェントスを超えられるだろうか。ユヴェントスは2015-16シーズンから常に勝ち点90超えを達成しているため、インテルが優勝するには同じく90点超えを最低ラインと考える必要がある。コンテが目指すべきはマンチーニ政権が記録した勝ち点97超えだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ