バルサの3トップに並ぶ リヴァプールSBコンビのアシスト数が多すぎる

リヴァプールの攻撃を支えるロバートソン(左)とA・アーノルド(右)の両SB photo/Getty Images

昨季開幕からのリーグ戦アシスト数が異常

リヴァプールの両サイドを支配するチャンスメイカーたちが止まらない。右サイドバックを務めるイングランド代表DFトレント・アレクサンダー・アーノルドと、左サイドバックを務めるスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソン。彼らはDFの選手でこそあるものの、持ち前の突破力と正確なクロスでいくつもの得点を演出する。リヴァプールの攻撃になくてはならない存在だ。

そんなリヴァプールのサイドバックコンビが備える攻撃力を「異常」と英『GiveMeSport』は評する。同メディアがそう語る理由。それはアシスト数の多さだ。彼らは昨季開幕からここまでリーグ戦で合わせて30のゴールをアシストしている(A・アーノルド:15、ロバートソン:15)。これはサイドバックコンビどころか、欧州クラブそれぞれの攻撃ユニット全てを見てもトップの数字だという。

唯一彼らに匹敵する数字を残しているのがバルセロナの攻撃ユニット。リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ウスマヌ・デンベレの3名だ。彼らも合わせて30アシスト(メッシ:19、スアレス:6、デンベレ:5)。世界トップレベルの攻撃的な選手が3人がかりで到達する大台に、A・アーノルドとロバートソンは2人で届いてしまっているのだ。

この2人がリヴァプールの攻撃面において重要な役割を果たしているのを理解している人は多いだろう。しかし、こうしてその数字を比較してみると、改めて彼らがどれほど規格外な選手であるかが見て取れる。好調リヴァプールをサイドから支えるA・アーノルドとロバートソン。強力ウイングの背後から進撃してくる2人のサイドバックに、プレミアのDFたちはこれからも恐怖することだろう。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号では、波乱巻き起こる英プレミアリーグを大特集! ビッグクラブを襲う試練、襲いかかる伏兵たち、そして最強リヴァプールに弱点は!?

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ