マンU戦で沈黙も浅野拓磨に思わぬ高評価 英ファンの意見が少々意外

ELマンU戦に先発出場した浅野 photo/Getty Images

「悪くないように見えたけど」

現地時間7日に行われたヨーロッパリーグ・グループステージ第4節マンチェスター・ユナイテッド対パルチザン・ベオグラード。この試合で左サイドサーフとして先発出場を果たしたのが日本代表FW浅野拓磨だ。

この試合、パルチザンはイングランドの名門相手に終始ペースを握られた。前半だけで2点のリードを許すと、後半も1点を追加されて最終的に0-3の完敗を喫した。その試合内容と同じように浅野も沈黙。見せ場といえば39分にスピードに乗ったドリブルで、対峙したマンUのMFスコット・マクトミネイを振り切った場面ぐらいか。なかなかボールに触れる機会も作れず、ノーゴールのまま69分に途中交代となってしまった。

しかし、この試合をイングランドで観戦していたファンの浅野に対する評価は悪くないと英『football.london』が伝えている。なかでも同メディアが注目したのは、古巣アーセナルファンの反応だ。アーセナルでは1試合も出場できなかった浅野だが、ファンの間ではこの日本代表FWを放出すべきではなかったとの声まで上がっているという。

「マンU戦の浅野、悪くないように見えたけどな」

「ラカゼットより浅野の方がいいんじゃないのか?」

「浅野は世代きってのタレントだったよね。なんでアーセナルは放出したのかな。戻ってきておくれよ」

浅野のスピードは魅力だが、この試合のパフォーマンスを見てここまでの発言が飛び出るとは少々意外と言える。今季なかなか調子の上がらない贔屓チームの状況を見て、過去の在籍選手が恋しくなったか。

思うような活躍を見せられなかった浅野だが、評価は人それぞれのよう。次戦は日本代表の一員として臨むW杯アジア2次予選のキルギス代表戦。この試合では、ファンから満場一致の高評価を得られるような好パフォーマンスを披露したいところだ。日本のスピードスターが爆発する瞬間を多くの人が待ちわびている。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ