連続353分間のシャットアウト レアル新守護神がついにリズム発見か

レアルのクルトワ photo/Getty Images

昨季は苦いシーズンに

レアル・マドリードは2日に行われたリーガ・エスパニョーラ第12節のレアル・ベティス戦をスコアレスドローで終えてしまい、首位浮上のチャンスを逃すことになった。下位に沈んでいるベティス相手にスコアレスドローは納得できない結果だが、ポジティブなこともある。

それはGKティボー・クルトワのクリーンシート記録だ。あまり注目されていないが、クルトワはこれで10月22日のチャンピオンズリーグ・ガラタサライ戦、30日のレガネス戦、そして今回のベティス戦と3試合続けてクリーンシートを達成している。

スペイン『MARCA』によると、クルトワは現在10月19日のマジョルカ戦で前半7分にラーゴ・ジュニアにゴールを許したところから、353分間にわたって無失点を継続している。これは昨年11月から12月にかけて達成した342分間の数字を超え、レアル加入以降では最も長い数字になっているという。

クルトワは昨夏チームに加わったが、昨季はチャンピオンズリーグ・ベスト16で敗退するなど苦いシーズンを味わうことになった。クルトワのパフォーマンスにも批判が集まり、レアルでの1年目は決して満足できるものではなかったはずだ。

ワールドクラスのGKとの評価を得ている者として今季はリベンジといきたいところで、同メディアも「クルトワがリズムを見つけた」と現在のパフォーマンスを称賛している。次に狙うはチャンピオンズリーグでの連続クリーンシートだ。昨年に1度だけチャンピオンズリーグで2試合連続クリーンシートを達成しているが、それ以降は失点が続いている。6日にはグループステージ第4節のガラタサライ戦が予定されており、ここでもシャットアウトといきたいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

波乱巻き起こる英プレミアリーグを大特集! ビッグクラブを襲う試練、襲いかかる伏兵たち、そして最強リヴァプールに弱点は!? 

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ