ロナウドが男前過ぎる 母国を背負うサッカー少女たちにサプライズプレゼント

ポルトガル代表ではキャプテンも務めるロナウド photo/Getty Images

U-17ポルトガル女子代表を応援

「献血をするために身体に刺青を入れない」など、様々な男前エピソードを持つサッカー界のスーパースター。ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの男前エピソードに、新たなエピソードが加わった。

ロナウドはサッカーをする世界中の子供たちの憧れの存在であり、イベントなどでそんな子供たちの夢を応援してきた。そして、今度は母国ポルトガルを背負って世界で戦う少女たちに、サプライズでプレゼントをしたようだ。

今月、UEFA U-17女子選手権の予選ラウンドを戦っていたU-17ポルトガル女子代表。22日のイスラエル戦で4-1、25日のラトビア戦で4-0の勝利を収め、1試合残してグループリーグ突破を決めた。目標や夢へ向けて必死に頑張るサッカー少女たちに、ロナウドも胸を打たれたようで、同代表の選手全員にスパイクのプレゼントとエールを送った。英『GIVEMESPORT』など複数のメディアが伝えている。

「やあ、少女たち! 僕は君たちの夢を叶えるための手助けになること願って、マーキュリアル(スパイク)を送るよ。子供のころ、僕はシンプルでとてもクレイジーな夢があった。世界最高の選手になりたかったんだ。ジムやピッチでのトレーニング、夢のためにできることはなんでもやったよ。夢を持つことはとても重要。そのために一生懸命努力することはもっと重要だ。僕は自分の夢を叶えた。みんなも夢を叶えられることを願っている。だから頑張れ。僕にできたんだから、みんなにもできるよ。エリートラウンド進出おめでとう。集中して、次の勝利から目を離してはいけない。グッドラック。このスパイクでエンジョイしてね」

なお、28日に行われたグループリーグ最終戦で、オランダと引き分けたポルトガルは、勝ち点差の影響で2位通過した。エリートラウンドでは、予選ラウンドを突破した28カ国が7グループに分かれて戦い、首位の7カ国が来年スウェーデンで行われる本大会へ進むこととなっている。ポルトガルU-17女子代表はロナウドのメッセージを胸に、本大会出場を決めることができるのか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ