フェリックス、コスタには負けない グリーズマンの穴を埋める“第3”のFW

アトレティコのモラタ photo/Getty Images

当初はフェリックスとコスタの2トップが軸だったが……

今夏にクリスティアーノ・ロナウド2世とも言われるポルトガル代表FWジョアン・フェリックスをチームに加えたアトレティコ・マドリードでは、ジエゴ・コスタとフェリックスの2人が攻撃の軸となっていた。

しかし、2人が思うように得点を決められない。フェリックスは初のリーガ・エスパニョーラ挑戦ということもあるのか、リーグ戦では9試合2得点に留まっている。現在は負傷離脱しており、抜群のスタートを切ったとは言えない。

一方のコスタも2得点とやや元気がない。全盛期を知るサポーターからすれば、満足できないパフォーマンスと言えよう。2人の停滞もあってか、序盤のアトレティコは得点力不足に陥っている。

それを解消する存在となるのか。スペイン『MARCA』がプッシュしているのは第3のFWアルバロ・モラタだ。モラタは22日のチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節のレヴァークーゼン戦で決勝点を挙げると、26日のアスレティック・ビルバオ戦でも得点を記録。リーグ戦の得点数はフェリックスとコスタと同じ2点だが、モラタが立て続けに得点を決めているのは明るい材料と言えよう。

同メディアは昨季限りでアトレティコを離れたFWアントワーヌ・グリーズマンと比較しているが、グリーズマンは今年の年明けからアトレティコの選手としては218分に1ゴールの数字に留まっていた。しかし、モラタは今年に入ってから188分に1ゴールの数字を残している。

グリーズマンとの比較はやや強引かもしれないが、アトレティコがグリーズマンに代わる点取り屋を求めているのは間違いない。それはフェリックスでもコスタでもなく、モラタなのかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

波乱巻き起こる英プレミアリーグを大特集! ビッグクラブを襲う試練、襲いかかる伏兵たち、そして最強リヴァプールに弱点は!? 

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ