サッカーなのに“ラグビータックル” アーセナルMFの全力ブロックが話題に

相手選手を全力で止めるグエンドウジ photo/Getty Images

体全体で仕掛けたタックルが注目集める

いよいよラグビーワールドカップも大詰めを迎えているが、サッカー界でもラグビー級のタックルを仕掛けてしまった選手がいる。27日にクリスタル・パレスとのゲームに臨んだアーセナルMFマッテオ・グエンドウジだ。

2-2で迎えた後半アディショナルタイム、クリスタル・パレスFWウィルフリード・ザハがカウンターを仕掛けようとしたところをグエンドウジは全力でブロック。もはやボールは全く視界に入っておらず、ザハの体目がけて両手を使ったタックルを仕掛けたのだ。

グエンドウジにはイエローカードが提示されたが、退場とならなかったのは幸運と言えよう。英『The Sun』も「ラグビータックル」と名付けており、あのシーンだけ全く違う競技になってしまっていた。

このシーンについてクリスタル・パレスの指揮官ロイ・ホジソンは、グエンドウジに悪意はなかったはずとフォローする。しかしイエローカードで済んだのは納得できないようで、レッドカードが妥当だったとの見方を示している。

「彼はただザハが抜け出すのを止めたかっただけで、危害を加えるつもりはなかったのだろう。それでもイエローカードだったのは極めてラッキーだったと思う。レッドだったとの意見もあるだろうが、興味はないよ。ザハが勝利を決めるチャンスを得られなかったのは残念だけどね」

グエンドウジも何とかカウンターを止めたかったのだろうが、やり方があまりに露骨すぎたか。ラグビーワールドカップが盛り上がっているタイミングということもあり、余計にラグビータックルとして注目を集めることになってしまった。



●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ