初監督の初陣でセリエA初の快挙 チアゴ・モッタ監督が魅せた鋭い読み

ベンチの前から選手たちへ指示を送るモッタ監督 photo/Getty Images

采配がズバリ的中 交代選手全員がゴール

ジェノアは26日、セリエA第9節でブレシアをホームへ迎え入れた。34分に先制点を奪われ、前半を1点ビハインドで折り返したジェノアだが、後半に3点を奪い返し、3-1の逆転勝利を納めている。

今季苦戦を強いられ、第8節終了時点で降格圏内の19位(1勝2分5敗)に低迷していることで、アウレリオ・アンドレアッツォーリ監督を解任したジェノア。22日にクラブのOBである元イタリア代表MFチアゴ・モッタ氏を新たに招聘した。パリ・サンジェルマンのU-19チームの指揮官を務めた経験があるモッタ新監督だが、トップチームを率いるのは今回が初めて。フランスでは[2-7-2]の奇策を用いて大きな話題となったこともあり、ジェノアでの初陣にも注目が集まったが、いきなり魅せた。

フォーメーションこそ[3-4-1-2]と大きくいじることはなかったが、采配がズバリ的中。現役時代にも多くの窮地を救ってきた鋭い読みは、指揮官になっても健在だった。1点を追う展開になるも、冷静に戦況を読み、後半の頭にケビン・アグデロ、58分にゴラン・パンデフ、65分にクリスティアン・クアメを投入。早い時間帯で3枚の交代カードを使い切ることになってしまったが、この3選手がゴールを奪って華麗に逆転して見せたのだ。データサイト『opta』によると、途中出場を果たした3選手全員が得点を記録したのは、長いセリエAの歴史の中でも初めての出来事だという。同メディアは「マジック」と伝えている。

初監督となったジェノアの最初の試合で、セリエA史上初の快挙を成し遂げたモッタ監督の今後の采配にも注目が集まる。はたして、ジェノアの救世主となることができるのか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ