今季出場時間10分も ペップに「5億ユーロでも売らない」と言わしめたのは

マンCの将来を担うと期待のフォデン photo/Getty Images

どんな状況でも売れない唯一の選手

マンチェスター・シティの指揮官を務めるペップこと名将ジョゼップ・グアルディオラが、同クラブに所属するU-21イングランド代表MFフィル・フォデンの才能を絶賛している。

2000年生まれで現在19歳のフォデンは、マンCの下部組織で育ち、2017年に当時17歳ながらトップチームデビューを飾った若き逸材。世界トップクラスの選手を揃えるマンCということもあり、ここまで出場機会は限られているが、ダビド・シルバの後継者として期待されている。D・シルバ本人も「素晴らしい選手になると確信しているよ。僕の後継者になるだろう。彼を見ていると僕の若い頃を思い出す」と述べるほどだ。

そんなフォデンについて、グアルデイオラ監督も以前から素晴らしい才能であることを口にしてきたが、改めて強調。「彼はどのような状況でも、販売することができない唯一の選手だ。彼はオンリーワンだからね。5億ユーロ(約592億円)を積まれたって売らない」とコメントした上で「フィルはどこへも行かない。フィルはシティなんだ。我々はそのポジションのために、誰ともサインしないだろう。ダビド・シルバがチームを去るとき、新たな魔術師が誰なのかを正確に理解しているからね」と話した。英紙『THE Sun』が伝えている。

ただ、ここまで絶賛されたフォデンだが、今季のリーグ戦出場時間わずかに10分。大きな期待とは裏腹に、チームで苦しい状況が続いている。グアルディオラ監督は「1つはっきりしていることは、フォデンがシティのトップチームにいるということ。彼を特定のゲームから外すのは好きではないんだが、私はチーム全体のことを考えなければらない。フィルもそれを理解してくれている」といった苦悩も明かした。

また同紙は、マンCからドルトムントへ移籍し、ドイツでスーパースターとなった同い年のMFジェドン・サンチョなどとも比較しつつ「グアルディオラは彼らよりもフォデンを選び、偉大な選手になると信じている。彼はチャンスを待たなければならない」と取り上げている。フォデンにとって我慢のときだが、周りには世界を代表する選手たちがおり、日頃のトレーニングから吸収できることも多かろう。チャンスが訪れるまで、是非とも腕も磨いてもらいたいものだ。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ