アーセナルDFは加入してからPK献上しすぎ!? 前所属時代との数字を比較

ワトフォード戦で早くも今季2回目となるPKを献上したD・ルイス photo/Getty Images

荒いイメージだが前所属では意外にも……

今夏チェルシーからアーセナルに移籍したDFダビド・ルイスは、加入当初からその守備面が不安視されていた。その不安は的中したと言ったところか。彼はここまで4試合に出場し、すでに相手にPKを2本献上。守備でまずさを露呈している。

しかし、彼はチェルシー時代にここまでペナルティエリア内で不用意なファウルを犯す選手だっただろうか。荒さこそ目立ってはいたものの、名門チェルシーで何年もレギュラーの座に君臨していた選手。慎重になるべきところではそれなりの対応をしていた印象だ。

英『GiveMeSport』もD・ルイスはアーセナルに来てから何かが変わったのではないかと考えている。同メディアはチェルシー時代に彼がリーグ戦で献上したPKの数を紹介。意外にもその数は160試合の出場でわずか3回だ。連携面で新天地のやり方にまだフィットしきれていない面があることも考慮しなければいけないが、いかに今季のD・ルイスが異常であるかが見て取れる。

いったい、このベテランDFに今何が起きているのか。今季からプレミアリーグにもビデオアシスタントレフェリー(VAR)が導入されただけに、重要な局面では落ち着いた対応を見せてほしいところだが……。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

欧州4大リーグの戦いの行方を大予測! いよいよ開幕した各国リーグ戦を100倍楽しめる!!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ