これが指揮官との絆だ! ボローニャ選手たちが試合後にとった行動にほっこり[映像アリ]

試合後に病院へ駆けつけ勝利を直接報告

日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャは15日、セリエA第3節でブレシアと対戦した。敵地で苦戦を強いられ、前半を1-3で折り返したが、後半に相手が退場者を出したこともあり、3点を奪い返して逆転に成功。4-3の勝利を収めて2連勝を飾り、開幕戦から無敗をキープしているボローニャは2位に順位を押し上げている。

今年7月に白血病であることを公表し、現在は完全復帰へ向けて治療を続けているボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督。医師からの許可を得て一時退院し、開幕戦と第2節ではベンチから指揮を執っていたが、第3節ブレシア戦は治療のため、残念ながら病院で教え子たちの戦いを見守ることとなっていた。そんな指揮官へ勇気を届けるためか、選手たちは最後まで諦めずに戦い、見事の逆転勝利を収めたのだ。

さらに、伊『La Repubblica』や『sky』など複数のメディアによると、選手たちは試合後、ミハイロビッチ監督が入院している病院の前にバスを止めさせ、指揮官に直接勝利を報告。病室の窓から顔を出した指揮官へチャントなどでエールなどを送ったようだ。これに対して、ミハイロビッチ監督も「よくやった。今日ことについては水曜日に話をしよう。ただ、お前たちはめでたい日だけ私の病室へやってくるのか?」などと答えたという。

今季幸先の良いスタートを切ったボローニャ。闘病中のミハイロビチ監督のためにも、少しでも良い結果を残したいところだ。同クラブは次節、22日にASローマをホームへ迎え入れる予定となっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ