“ビッグ6”相手に弱すぎる!? 英メディアがトッテナム指揮官に厳しい指摘

ポチェッティーノは”ビッグ6”に勝てない現状をどう捉えているのだろうか photo/Getty Images

ビッグマッチで勝てない……

世界最高峰の競争力を誇るイングランド・プレミアリーグ。同リーグで優勝するためには、“ビッグ6”と呼ばれる6つの強豪クラブから勝ち点を奪い取ることが必須条件と言える。最近はリヴァプールとマンチェスター・シティの実力が頭ひとつ抜けているものの、他の4チームも強力なスカッドを有しており、この熾烈な競争を勝ち抜くことは容易ではない。

それは“ビッグ6”の立場にあるチームも同様だ。自分たちを除いても、まだ5つの強豪を退けなければいけない。これらのチームを相手にしても怯むことなく戦える人物。これこそが“ビッグ6”のクラブが自軍の監督に求める資質だろう。しかし、英『talkSPORT』はそれらクラブの監督のうち1人だけ、大一番に弱すぎる人物がいると主張する。

それはトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督だ。同メディアによると、2014年に就任してからポチェッティーノ監督が“ビッグ6”相手に勝利をおさめたのは27試合中3試合のみ。その勝率は1割をわずかに超える程度にとどまっている。

勝てないだけではない。敗戦数はなんと15。ポチェッティーノ監督はビッグ6と対戦した半分以上の試合で勝ち点を奪うことができていない。これではいくら取りこぼしが少なくても、トップを狙うことは難しいだろう。

衝撃のデータが明らかとなったポチェッティーノ監督。悲願のプレミア優勝を成し遂げるためにも、早めにこの弱点は克服したいところだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

久保建英がカバーの最新号は、欧州4大リーグからJリーグまで網羅したヤングスター特集。今、サッカー界を熱くしてくれる期待のU-22選手はこの29人だ!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.251 ダークホースに刮目せよ

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ