ドイツの“新皇帝”はリヴァプールへ行くべき!? 魅惑のカルテット完成も

レヴァークーゼンのハフェルツ photo/Getty Images

ビッグクラブ行きは近い

昨季ブンデスリーガで17得点を記録し、得点力まであることを証明したレヴァークーゼンMFカイ・ハフェルツ。ドイツ人選手としてミヒャエル・バラックやメスト・エジルと比較される存在で、ステップアップの時は近い。ビッグクラブで暴れる日もそう遠くはないだろう。

問題はどこへ行くのかだ。当然国内の王者であるバイエルンも関心を示しており、国内で移籍を選択するならバイエルンとなるだろう。他にもバルセロナ、レアル・マドリードといったところが興味を示しているようだが、英『Squawka』はリヴァプール行きをオススメしている。

リヴァプールは昨季チャンピオンズリーグを制覇するなど結果を出したが、創造性ある攻撃的MFは今も不足したままだ。アレックス・オックスレイド・チェンバレンがどこまで活躍できるかによって変わってくるが、今後の市場で攻撃的MFが補強ターゲットになっても不思議はない。

今夏にはフィリペ・コウチーニョの復帰案も浮上したが、結局リヴァプールは動かなかった。同メディアはチェンバレン、さらに前線のバックアッパーとなっているジェルダン・シャキリもコウチーニョのレベルにはないと考えており、仮に今季もマンチェスター・シティにリーグ制覇を許した場合はさらなるチーム強化が必要となる。そこでハフェルツの出番というわけだ。

サディオ・マネ、モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノの3トップとの連携は魅力的なものとなるはずで、ハフェルツにとってもユルゲン・クロップの下でプレイすることは悪い選択肢とはならないだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.257 EURO2020大展望

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ