毎朝愛の肩パン飛んでくる!? アーセナル若手MFが慕う2人の“スーパー兄貴”

アーセナルのグエンドウジ photo/Getty Images

20歳ながらチームに欠かせぬ存在に

開幕から2試合連続でフル出場を果たし、すっかりウナイ・エメリ政権に欠かせぬ存在となったアーセナルMFマッテオ・グエンドウジ。まだ20歳のグエンドウジがアーセナルに加わったのは昨夏のことで、ビッグクラブゆえのプレッシャーが重荷になることもあるだろう。

しかし、グエンドウジには頼れる「お兄ちゃん」たちがいる。前線で抜群のコンビネーションを見せるFWピエール・エメリク・オバメヤンとFWアレクサンドル・ラカゼットだ。大舞台での経験も豊富な2人が上手くグエンドウジをリラックスさせているようで、チームに溶け込みやすい空気感を作ってくれているという。

英『METRO』によると、グエンドウジは2人をピッチの中でも外でもサポートしてくれるスーパーな存在だと語っており、本物の兄のように慕っているのだろう。

「オバメヤンは毎朝左肩に軽いパンチをしてくるのさ。ラカゼットと一緒にね。彼らは僕にとって本当に重要なんだ。2人は僕がここに来てから兄のような存在だ。ピッチの中でも外でも上手くやれるようにしてくれる。スーパーな人たちなのさ」

挨拶代わりの肩パンといったところだろうか。チームも開幕2連勝を飾っており、良い形でスタートを切ることができた。ここからはリヴァプール、トッテナムとのダービーマッチと難しい戦いが続くが、良好なムード漂うアーセナルは勢いに乗ってロケットスタートへ繋げられるか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ