サウサンプトン“最高&最速”のセンターバック 吉田麻也をリーダーにすべきだ

サウサンプトンの吉田 photo/Getty Images

開幕節はベンチスタート

なぜサウサンプトンは日本代表DF吉田麻也をリーダーに据えないのか。

今季こそは上位進出を目指したいサウサンプトンだったが、先日行われたプレミアリーグ開幕節はバーンリーに0-3で敗れてしまった。いきなり守備が崩壊して完敗を喫することになったわけだが、このゲームに吉田は出場していない。

指揮官ラルフ・ハーゼンヒュットルが選んだ3バックは、ヤン・ベドナレク、ジャック・スティーブンス、ヤニック・ヴェステルゴーアの3人。最初の失点は相手のロングボールを長身のヴェステルゴーアが目測を誤ったことが原因で、抜け出したアシュリー・バーンズに豪快なシュートを許してしまった。これは明らかなミスだ。

2点目も相手のクロスに対してヴェステルゴーアがマークを見失っていた。3点目は左ウイングバッウのライアン・バートランドがボールをクリアしようとした際、先に相手にボールを触られてサイドを突破されたところから始まっている。

これら3つの失点に英『Football Fancast』はサウサンプトンの左サイドで問題が起きていたと指摘。つまりはバートランドとヴェステルゴーアのサイドだ。特にヴェステルゴーアのパフォーマンスは不安定だった。

同メディアは2012年からサウサンプトンでプレイする吉田にも似たようなミスがあったと振り返っている。吉田も失点に繋がる凡ミスをしてしまったことが何度かあり、それがサウサンプトンで何度かポジション争いに敗れてきた理由だ。しかし、同メディアはどんどん改善されてきているとも主張。今やサウサンプトンで最も経験のある選手で、日本代表と同じくリーダー的存在になっている。サウサンプトンにとって最高のセンターバックの1人なのだ。

凡ミスをしてしまったヴェステルゴーア、まだ最終ラインを統率するには経験が不足しているように思えるスティーブンスとベドナレク。吉田が彼らより大きく劣っていることはなく、同メディアは吉田のことをチーム最高、チーム最速のセンターバックとプッシュしている。

サウサンプトンの次なる相手は欧州王者リヴァプールだ。このままでは大量失点してしまいそうだが、ハーゼンヒュットルは吉田をどう起用していくるのか。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ