“Newアウベス・アラバ”になる!? マンCがまた超攻撃型SB獲得した理由

ユーヴェで活躍してきたカンセロ photo/Getty Images

ウォーカーも右サイドにいるが……

マンチェスター・シティはなぜユヴェントスからサイドバックのジョアン・カンセロを獲得したのだろうか。カンセロはダニーロとトレードする形で今夏マンCに加わったのだが、マンCの右サイドバックにはカイル・ウォーカーがいる。カンセロにまで手を伸ばす必要があったのかと感じた人もいるだろう。

それでも英『90min』は、カンセロがマンCにとって非常に大きな補強になると太鼓判を押す。ウォーカーもカンセロも攻撃力のあるサイドバックだが、同メディアはカンセロの方がよりテクニックのある選手と捉えている。縦への爆発的なスピードならウォーカーも負けていないが、カンセロはウイングをこなせるほどドリブルを得意とする選手だ。1対1にも強く、攻撃面でサイドを支配できる。

絶えずサイドを攻撃し、足下の高い技術で中盤の選手たちと絡んでいく。これまでジョゼップ・グアルディオラが指導した中ではダニエウ・アウベスやダビド・アラバがそうした選手だが、同メディアはカンセロも同じような存在になれる素質があると主張している。

確かにウォーカーは昨季全てのコンペティションを合わせて52試合に出場しているが、アシスト数は僅かに1つだけとなっている。やや寂しい数字で、グアルディオラがウォーカーの能力全てに満足しているわけではないのかもしれない。一方でカンセロは34試合出場ながら5アシストを記録しており、マンCならこの数字をさらに伸ばせるかもしれない。

また、カンセロは左サイドバックも担当できる。バンジャマン・メンディに怪我が続いていることを考えると、カンセロを左に回すオプションがあるのは大きなプラスとなる。ウォーカーにもスタメン争いの刺激を与えることができ、サイドバックがさらに活性化することが期待される。

29歳のウォーカーに対してカンセロが25歳と若いことも特徴的で、今後数年間はマンCのサイドバックを任せることができる。カンセロの獲得は大きなプラスになると同メディアは考えているようだが、ポジション争いはどのように動いていくのか。グアルディオラ・マジックでカンセロがもう一回り大きなサイドバックに成長する可能性は高く、アウベスやアラバ級の選手になるのか注目だ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)、最新号を無料で公開中!

日本初の電子サッカーマガジンtheWORLD(ザ・ワールド)。最新号は、本誌初のJリーグ特集! 名古屋グランパスの風間監督、大分トリニータの片野坂監督の独占ロングインタビューも奪取しました!!

こちらから無料でお読みいただけます
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=358/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ