プレミア”歴代No.1指揮官”への道 平均勝ち点ランク圧倒的1位の名将

マンCを指揮するグアルディオラ photo/Getty Images

安定感は群を抜いている

プレミアリーグには数多くの名将がチャレンジしており、今も優れた指揮官が集まっている。そんなプレミアリーグでNo.1指揮官を決めるとすれば誰になるのか。タイトル獲得数、指揮を執ってきた年数など様々な要素があるが、今回英『Daily Mirror』は1試合平均獲得勝ち点数のランキングを紹介している。

10位:フース・ヒディンク(チェルシー 34戦18勝12分4敗 1.94点)

9位:ルイス・フェリペ・スコラーリ(チェルシー 25戦14勝7分7敗 1.96点)

8位:アーセン・ヴェンゲル(アーセナル 828戦476勝199分153敗 1.96点)

7位:ロベルト・マンチーニ(マンチェスター・シティ 133戦82勝27分24敗 2.05点)

6位:ユルゲン・クロップ(リヴァプール 145戦87勝38分20敗 2.06点)

5位:カルロ・アンチェロッティ(チェルシー 76戦48勝13分15敗 2.07点)

4位:ジョゼ・モウリーニョ(チェルシー・マンチェスター・ユナイテッド 305戦190勝70分45敗 2.10点)

3位:アントニオ・コンテ(チェルシー 76戦51勝10分15敗 2.14点)

2位:アレックス・ファーガソン(マンチェスター・ユナイテッド 810戦528勝168分114敗 2.16点)

1位:ジョゼップ・グアルディオラ(マンチェスター・シティ 115戦88勝15分12敗 2.43点)


今回同メディアが強調したかったのは、グアルディオラの手腕だ。グアルディオラは昨季マンCを国内3冠に導いており、2017-18シーズンにはリーグ戦勝ち点100も達成した。ファーガソン氏やヴェンゲル氏に比べて試合数はまだまだ少ないが、ここまでの成績は見事と言うしかない。勝ち点獲得の安定性で言えば、圧倒的にプレミアNo.1だ。仮に今季も圧倒的な力でリーグ制覇を達成するようなことがあれば、グアルディオラこそプレミアNo.1指揮官と言ってもいいのかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ