これでまだ30〜40%!? スパーズの”新怪物MF”に求められるものとは

トッテナムのエンドンベレ photo/Getty Images

開幕節では絶妙ゴールも

今夏に積極的な補強へ動いたトッテナムは、10日にプレミアリーグ開幕節でアストン・ビラと対戦。昇格組の相手を圧倒したいところだったが、試合は先制を許す苦しいものとなった。

それを救ったのは、今夏の目玉補強だったMFタンギー・エンドンベレだ。リヨンからやってきたパワフルMFは、73分に豪快かつコースを突いたミドルシュートで貴重な同点弾を記録。このゴールでチームは勢いに乗り、その後ハリー・ケインの2得点で3-1の勝利を収めることになった。

エンドンベレにとっては理想的なプレミア初陣となったわけだが、指揮官マウリシオ・ポチェッティーノはまだまだ満足していない。英『Daily Mail』によると、ポチェッティーノはエンドンベレがポテンシャルのうち30〜40%ほどを見せただけだと語り、さらに成長できると自信を見せている。中でも得点力の部分はもっと上げていけると考えているようで、それがエンドンベレのNEXTステップといったところか。

「全体的にファンタスティックなパフォーマンスだったが、私はまだ伸びる余地があると思っている。彼はポテンシャルの30〜40%を見せただけだ。彼はアメイジングなポテンシャルを秘めている。得点力は取り組む必要がある部分の1つだね。リヨンでは多くのゴールを決めていなかったし、今季伸ばすエリアの1つだ」

まだ1試合だけだが、エンドンベレは得点を奪うことに成功した。ミドルシュートを1つの代名詞とできるようになれば、さらにハイレベルなMFと評価されるようになるだろう。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.253 激化するスクデット争い

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ