チェルシーのポジション争いが熱い! 伝統の8番VSランパードの教え子

チェルシーのマウント photo/Getty Images

プレシーズンで猛アピールする2人

今季チェルシーの攻撃を中盤から引っ張っていくのは誰になるのか。28日に行われたレディングとのトレーニングマッチでは、2人のMFが結果を残してみせた。

1人は、指揮官フランク・ランパードが現役時代に着用していた8番を背負うロス・バークリーだ。バークリーは8番を任されるなど期待は受けているのだが、これまでチェルシーでは本領を発揮できていない。2018年冬に加入したものの、当初は怪我が続いて思うような結果を残せなかった。

昨季はマウリツィオ・サッリがマテオ・コバチッチとバークリーをローテーションさせる起用法を採用したため、昨季もどこか消化不良だった。ランパードが指揮官に就任した今季こそブレイクしたいところで、レディング戦では華麗なフリーキックから得点を記録。ランパードにも好印象を与えたはずだ。

しかし英『Daily Mail』は、トップ下の位置を巡ってポジション争いが起こると伝えている。レディング戦で結果を残したもう1人のMF、20歳のメイソン・マウントの存在だ。

マウントは昨季レンタル先のダービー・カウンティでランパードと共闘しており、ランパードもマウントの特長をよく理解している。マウントはレディング戦で途中出場から2得点を挙げており、こちらも仕上がりは上々だ。バークリーVSマウントの争いは熾烈なものとなるはずで、同メディアもこの戦いに注目している。

チェルシーはFIFAから今夏の補強を禁止されているが、レンタル組のマウントなど楽しみな人材は多い。中盤にはタレントが揃っており、補強禁止処分を受けているチームとは思えぬ陣容だ。プレシーズンで結果を残すバークリーとマウントがどこまで結果を出せるのか。これは今季チェルシーの大きなポイントになるかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ