ルカクの代役獲得は必要なし? マンUサポーターを興奮させる17歳の神童[映像アリ]

マンUのグリーンウッド photo/Getty Images

ラッシュフォードとのコンビにも期待

今季こそプレミアリーグでのトップ4入りを実現すべく準備を進めるマンチェスター・ユナイテッドは、17日にリーズ・ユナイテッドとのトレーニングマッチをおこなった。

このゲームではFWロメル・ルカクが欠場していたのだが、ルカクといえばインテル移籍案が騒がれている選手だ。仮にルカクを失うのであれば、マンUは代わりのストライカーを獲得する必要が出てくるはずだ。

しかし、サポーターは今回のリーズ戦で少しばかり手応えを掴んだようだ。ルカク抜きでも十分に戦えるのではないかとの手応えだ。

サポーターを興奮させたのは、このゲームに先発した弱冠17歳のFWメイソン・グリーンウッドだ。昨季もグリーンウッドはトップチームで数試合の出場機会を与えられていたが、今回のゲームでは右サイドからのクロスに上手く合わせて先制点を記録。さらにグリーンウッドとともに前線に入ったFWマーカス・ラッシュフフォードも巧みなドリブル突破からネットを揺らしており、期待の若きFWが1得点ずつ決める内容で4-0の快勝を収めた。

もちろんこの活躍だけでグリーンウッドが今季の戦力になると決まったわけではない。しかし英『Express』によると、サポーターからはグリーンウッドがルカクの代わりになれるのではと期待する声も挙がっている。

「ユナイテッドはルカクの代役を獲得する必要がない。ラッシュフォード、グリーンウッド、マルシャルで十分だ」

「ルカクを売却し、グリーンウッドをラッシュフォードの隣に配置すればいいのでは?」

リーズ戦では若手が結果を出すことになったが、今季はグリーンウッドのプレイタイムも積極的に増やしていくべきなのだろう。下部組織でプレイしていた頃より驚異の才能と注目されていた逸材にサポーターは興奮を抑えられないでいるようだ。

・グリーンウッドの得点シーン

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ