引き抜かれそうなのはオバメヤンだけじゃない アーセナルFWはスペインへ?

今季アーセナルで強力トップを形成したラカゼット(左)とオバメヤン(右) photo/Getty Images

強力2トップ解散の危機

今季プレミアリーグを5位でフィニッシュしたアーセナル。51失点を喫しながらもこの順位でフィニッシュできたのは、73得点を記録した攻撃陣の踏ん張りが大きかったと言える。しかし現在、その前線を支えたFWピエール・エメリク・オバメヤンにはマンチェスター・ユナイテッド行きの話が持ち上がっている。そして、その相方を務めたFWアレクサンドル・ラカゼットにも新たな移籍の噂が浮上しているという。

英『Daily Mirror』によると、ラカゼット獲得に名乗りを上げたのはアトレティコ・マドリード。同クラブは今季限りで退団するアントワーヌ・グリーズマンの後釜として、この28歳に照準を合わせているとのこと。しかし、アーセナルにラカゼット放出の意思はないようだ。

だが、移籍が成立する可能性がゼロとは言えない状況であるのも確か。アーセナルは今夏クリスタル・パレスのFWウィルフリード・ザハの獲得を目指すとされている。同クラブが今夏移籍市場に投資できる予算は現在4000万~4500万ポンドとされており、クリスタル・パレスがザハの対価として要求する8000万ポンドには遠く及ばない。資金を捻出するため、今季13ゴールを挙げたストライカーを売りに出す可能性も否定できないのだ。

ラカゼットにはバルセロナも関心を寄せているとの報道もあるが、このフランス人アタッカーは来季スペインに上陸するのだろうか。すべてはアーセナルの考え方次第ということになりそうだ。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.245 欧州サムライ伝説1998年-2009年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ