鹿島に大きな痛手 “守備の要”チョン・スンヒョンが今季3度目の負傷離脱

今季怪我に悩まされているチョン・スンヒョン photo/Getty Images

ハムストリングの負傷で全治約5週間

鹿島アントラーズは27日、同クラブに所属する韓国代表DFチョン・スンヒョンが負傷離脱することとなったと発表した。

2018年7月にサガン鳥栖から鹿島アントラーズへ移籍した現在25歳のチョン・スンヒョン。すぐさまレギュラーに定着すると、昨季はクラブ史上初となるアジア制覇に貢献している。そして、今季も開幕戦で見事スタメンを飾ったが、2月末から3月初旬にかけて、3月末から4月末にかけて、2度の負傷離脱を余儀なくされ、ピッチから遠ざかっていた。

5月に復帰を果たし、ようやくコンスタントに出場機会を得られていたが、チョン・スンヒョンに再びアクシデントが襲う。今月25日に行われたサンフレッチェ広島戦(AFCチャンピオンズリーグ・ラウンド16の2ndレグ)でスターティングメンバーに名を連ねたが、試合開始早々に左足を痛め、負傷交代を余儀なくされた。クラブの公式サイトによると、その後の検査で左ハムストリングを負傷していることが発覚。全治約5週間と診断されたとのことだ。

チョン・スンヒョンは、今季3度目の負傷離脱を強いられることとなった。ACLを勝ち抜いているだけでなく、Jリーグでも上位争いを繰り広げている鹿島にとって、守備の要の離脱は大きな痛手となてしまったかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:国内サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ