[コパ・アメリカDAY 5]ペルーの35歳が鮮やか同点弾! ブラジルは痛恨ドロー[映像アリ]

ボリビアに先制を許したものの、終わってみればペルーの3発快勝となった photo/Getty Images

コパ・アメリカも5日目を迎え、グループリーグ第2節に突入。この日はボリビア対ペルー、そして開幕戦で快勝スタートを切った開催国ブラジル対ベネズエラの試合が行われた。

まずはボリビア対ペルーの一戦。試合序盤からペルーが試合を優位に進めるが、先制したのはボリビア。サウセドの放ったシュートがペナルティエリア内にいたペルーのサンブラーノのハンドを誘発。VARでの確認が行われたのちPKの判定が下され、モレーノがこれをしっかりと決め切った。しかし、ペルーも黙ってはいない。45分に35歳のゲレーロが鮮やかな同点ゴールを挙げると、55にはファルファンが豪快なヘディングシュートを叩き込みあっさりと逆転。終了間際の96分にはフローレスがダメ押しとなるゴールを突き刺した。終わってみれば1-3。ペルーが意地を見せた結果となった。

○ボリビア×ペルーのハイライト



参照元:youtube

ブラジルは主導権を握るも最後まで得点を奪えなかった photo/Getty Images

一方のブラジル対ベネズエラ。ブラジルは怪我で第1節のボリビア戦を欠場していたMFアルトゥール・メロを中心にボールを支配するも、粘り強い守備を披露するベネズエラ相手になかなか得点が奪えない。38分にはフィルミーノがゴールネットを揺らしたものの、直前にファウルがあったとしてノーゴールの判定が下された。さらには60分、ガブリエウ・ジェズスの得点もVARでの検証の結果オフサイドに。場内にはこの状況に耐えかねたブラジルサポーターからのブーイングが飛び交う。試合終盤、途中出場エベルトンのクロスに合わせたコウチーニョが三度ネットを揺らすも、これまたVARによって得点が認められず。結局、試合はスコアレスのまま終了。猛攻を見せたブラジルだが、ベネズエラ相手に痛恨のドローとなった。

○ブラジル×ベネズエラのハイライト



参照元:youtube

【グループA順位表】※2試合消化時点

1位:ブラジル 1勝0敗1分け(勝ち点:4 得点:3 失点:0 得失点差:+3)

2位:ペルー 1勝0敗1分け(勝ち点:4 得点:3 失点:1 得失点差:+2)

2位:ベネズエラ 0勝0敗2分け(勝ち点:2 得点:0 失点:0 得失点差:0)

4位:ボリビア 0勝2敗0分け(勝ち点:0 得点:1 失点:3 得失点差:-2)

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)
最新号は、現在熱い戦いが繰り広げられているコパ・アメリカ完全ガイド!
以下のリンクから無料配信中です
http://www.magazinegate.com/maga_info.php?seq=356/

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.239 “魅せる”新監督
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ