“平均チーム”にワールドクラス1人…… アルゼンチンに重なるロシアの記憶

敗戦に顔を覆うメッシ photo/Getty Images

コパ・アメリカ初戦を落とす

「デジャブ」との一言でアルゼンチン代表を表現したのは、米『ESPN』だ。リオネル・メッシ擁するアルゼンチン代表は16日にコパ・アメリカ2019グループステージ第1節でコロンビア代表と対戦し、0-2で敗れてしまった。

コロンビアも南米を代表する強豪ではあるものの、あっさりと初戦を落としてしまったのは痛い。メッシに代表のタイトルをと意気込んでいた中での敗戦となり、ロシアワールドカップに続いて苦いスタートとなってしまった。

同メディアはメッシが代表戦で苦戦する姿に、ワールドカップの記憶を重ねている。ロシアワールドカップでは何とか決勝トーナメントに進んだものの、4試合とも内容は良くなかった。メッシがいるのになぜ勝てないのかとの失望感が広がるパターンもこれまで通りだ。

「メッシが得点を決めない時、アルゼンチンは負け、彼が批判を浴びる。一方でロナウドは得点を決めなくてもチームメイトが仕事をし、彼は称賛される」

「メッシは平均的なチームの中でのワールドクラスプレイヤーだ」

「最終ラインが酷い」

「アルゼンチンは優れた選手を抱えているのに、チームのコンセプトがない」

サッカーファンからはこうした意見が出ている。メッシをどう活かすのかがアルゼンチン代表における長年のテーマなのだが、今回のコパ・アメリカでも上手くいかないのか。早くもアルゼンチンは崖っぷちだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ