現オランダの”No.1ドリブラー”!? 近づく欧州五大リーグへの挑戦

PSVのベルフワイン photo/Getty Images

代理人はイタリア行きを信じる

今季のエールディヴィジではチャンピオンズリーグでも躍進したアヤックスの選手に注目が集まったが、アヤックスのライバルクラブであるPSVの選手も忘れてはならない。中でも高い評価を得ているのが21歳のFWステーフェン・ベルフワインだ。

サイドからの崩しを得意とするベルフワインはオランダ代表でも主力の1人になっており、6日のネーションズリーグ準決勝・イングランド代表戦にも先発出場していた。今夏の市場でも注目を集めるヤングタレントの1人だ。

伊『Calciomercato』によると、代理人を務めるファン・クーペレン氏はベルフワインにインテル行きの可能性があると明かす。その可能性は指揮官がアントニオ・コンテに代わった今も消えていないようで、イヴァン・ペリシッチが退団する場合は後継者候補となる。

「私は彼がインテルか、その他のイタリアのクラブと契約できると信じている。インテル側との新しい話はないが、再び話し合う時間はある。コンテが就任してもステーフェンのインテル入りのチャンスに変化があったとは思わない」

英『Squawka』はベルフワインのことを現エールディビジのトップドリブラーと紹介している。オランダ国内での実績を考えると、そろそろステップアップしたい頃合いだろう。エールディヴィジNo.1クラスのドリブラーが欧州五大リーグでどんなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.236 次世代を担え! 超注目ヤングスター29人
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ