ベイルがセリエAにやってくる? 闘将が獲得を熱望か

今季は以前までのようなインパクトを残せなかったベイル photo/Getty Images

プレミア帰還も噂されているが

2018-19シーズンはリーグ戦29試合の出場で8ゴールと、苦しい時間を過ごしたレアル・マドリードのFWガレス・ベイル。昨年退団したFWクリスティアーノ・ロナウドの穴を埋めることのできなかった男には、その年俸が高額なことも含めて周囲から厳しい批判が集中した。

そして現在、ベイルはジネディーヌ・ジダン監督の来季構想から外れたとされ、今季限りでのレアル退団が有力視されている状況。そんな彼には、マンチェスター・ユナイテッドやトッテナムが獲得に興味を示しているとされるが、新たな移籍先候補が浮上したようだ。

そのクラブとはセリエAのインテル。伊『calciomercato』によると同クラブの新指揮官に就任したアントニオ・コンテが、ジョゼッペ・マロッタCEOとピエロ・アウリジオSDにベイル獲得を要求しているという。しかし、レアルは彼を構想外とみなしているにもかかわらず、高額な移籍金を設定しているとも同メディアは伝えた。

インテルのアタッカー陣で、ベイルに匹敵する突破力を有する選手は少ない。マウロ・イカルディの退団も噂されるインテルだが、このウェールズ代表FWが本来の姿を取り戻せば、それを補って余りある活躍を見せてくれることだろう。

自身のキャリアにおいて大きな転換点を迎えることが予想されるベイル。はたして次なる活躍の舞台はどこなのか。世界中のサッカーファンがその去就に注目している。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ