今季のC・ロナウドは合格or不合格? 名将は「ユーヴェは進歩してない」

CLではベスト8止まりだったユヴェントス photo/Getty Images

20得点超えも厳しい評価

セリエA初挑戦ながら、今季ここまでリーグ戦21得点を記録しているユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウド。最初のシーズンで20点超えは十分な数字にも思えるが、これまでローマなどを指揮してきたズネデク・ゼーマンの評価は厳しい。

ロナウドは今季21得点を決めたが、得点王レースをリードしているわけではない。ロナウドの上にはアタランタFWドゥバン・サパタ、ミランFWクシシュトフ・ピョンテク(ともに22得点)、そしてサンプドリアFWファビオ・クアリアレッラ(26得点)がいる。セリエAも残り1試合となり、クアリアレッラの数字を抜くのは難しいだろう。ゼーマンは得点数の面でも今季はクアリアレッラの方が良いシーズンを送ったと考えているのだ。

「ロナウドはクアリアレッラより悪いシーズンだったよ。彼は偉大なチャンピオンだが、ユーヴェは特に進歩していない。ユーヴェは彼抜きでもチャンピオンズリーグの決勝に2回進んでいるからね」

伊『Corriere dello Sport』によると、ゼーマンはこのようにコメントしている。結果だけを見れば、ユヴェントスはチャンピオンズリーグはベスト8止まり、さらにコッパ・イタリアも今季は落としてしまった。決して満足できる結果ではないだろう。

ロナウドもチャンピオンズリーグではアトレティコ・マドリード相手にハットトリックを記録するなど奮闘したが、ロナウドに許されるのは優勝だけなのだろう。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ