長谷部誠がブームを作る! 独紙「絶滅したリベロが戻ってきた。手本は長谷部」

フランクフルトの長谷部 photo/Getty Images

ブンデスリーガで流行り始めるリベロ

数年ほど前は4バックを使用するチームが大半を占め、どこか3バックは時代遅れのシステムと考えられているところがあった。それに伴い、「リベロ」として活躍する選手も減少。リベロのポジションは消えつつあったと言っていい。

しかし、独『Zeit』はリベロの役割が戻ってきたと取り上げている。ドイツでリベロといえばフランツ・ベッケンバウアーの印象が強く、同じくドイツのローター・マテウスなどもリベロとして成功を収めた。

では、今のブンデスリーガでリベロといえば誰を思い浮かべるのか。日本のサッカーファンに限らず、多くの人はフランクフルトの長谷部誠を真っ先に考えるのではないだろうか。長谷部は中盤を本職としてきた選手だが、ニコ・コバチ前指揮官のアイディアもあって3バックの真ん中でプレイするのが当たり前になってきている。チームメイトを巧みにコントロールしながら危険を察知し、ボールを持てば正確に前線へ届ける。この役割が長谷部に合っている。

同メディアは、「一見絶滅したようなものが戻ってきた。多くのブンデスリーガのクラブがリベロを復活させている。素晴らしい見本と言えるのは長谷部だ」と伝えており、昨季までシャルケでプレイしていたベテランDFナウドと合わせて現代のリベロとして称賛されている。

他にもバイエルン行きが内定しているシュッツトガルトDFベンジャミン・パヴァール、ヘルタ・ベルリンのカリム・レキク、アウグスブルクのラニ・ケディラらがリベロとしてプレイする機会があったと取り上げられており、3バックの中央にリベロの役割をこなせる選手を配するやり方も見慣れたものとなってきた。長谷部はその流行を生み出した存在とも言えるはずで、まさにフランクフルトの皇帝となっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ