メッシのFKは1カ月半、C・ロナウドは960日!? このえげつない差は何?

フリーキックを決めるメッシ photo/Getty Images

もはや飛び道具はメッシのもの

数年前はクリスティアーノ・ロナウドの代名詞の1つがフリーキックだったが、今やフリーキックで世界最高の存在となったのはリオネル・メッシの方だ。メッシは1日に行われたリヴァプールとのチャンピオンズリーグ準決勝1stレグでもフリーキックから得点を記録。あの名手アリソン・ベッカーでも届かない強烈な一撃だった。

何より注目すべきはメッシのペースだ。英『Daily Mail』がメッシのフリーキック記録を紹介しているが、クラブの戦いに絞るとメッシは今年3月のレアル・ベティス戦、エスパニョール戦、4月のビジャレアル戦、そして今回のリヴァプール戦と、1ヶ月半ほどの間に4発もフリーキックを沈めている。これと比較されたのがロナウドだ。メッシは1ヶ月半で4発決めたが、ロナウドの記録を振り返るとどうだろうか。

ロナウドがクラブチームの戦いでフリーキックから得点を決めたのは、2017年12月のクラブワールドカップ・グレミオ戦が最新となっている。これはまだレアル・マドリードでプレイしていた時のものだ。その前は2017年1月のセルタ戦、2016年11月のアトレティコ・マドリード戦、2016年9月のスポルティング・リスボン戦でフリーキックを決めている。

メッシが4発決めるのに1ヶ月半しかかけなかったのに対し、ロナウドは4発のフリーキックを決めるのに960日もかかっている。やや意地悪な比較だが、それほどメッシのフリーキック精度は高いということだ。逆にロナウドのフリーキックは年々精度が落ちているようにも感じられる。

今やメッシはフリーキックの世界でも史上最強クラスと言われるようになった。以前はロナウドの方が飛び道具を持っているということで高く評価される部分もあったが、今必殺の飛び道具を持っているのはメッシの方だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ