世界的名門・ミランはトッテナムとアヤックス見習え? 「若い選手も多い」

ミランでもCLベスト4は可能か photo/Getty Images

大金使わずともCLへ

チャンピオンズリーグでベスト4まで進んだトッテナムとアヤックスは、決して多額の資金を費やして作られたチームではない。若手の育成がベースになっており、時間をかけてチームを成熟させてきた。

このやり方を見習うべきチームは多いが、セリエAでもがいているミランもその1つだ。ミランといえば世界を代表する名門クラブだが、近年はチャンピオンズリーグにすら出場できない状態が続いている。1990年代のようなスター軍団ではなくなっており、昔に比べると選手層は地味だ。

そんなミランに求められるのは一貫性、そして若手の育成だ。指揮官をコロコロと変えるのではなく、粘り強くチームとして一歩ずつ成長していかなければならない。

伊『Calciomercato』によると、ミランを指揮するジェンナーロ・ガットゥーゾもトッテナムとアヤックスが1つのお手本になると口にする。

「トッテナムは新スタジアムに重点を置いていたから、補強されていない。ほとんど同じチームだし、互いを理解している。アヤックスも同じ戦いをしていて、私としてはこの結果はサプライズではない。彼らがモデルになるか?ミランも以前はたくさんの勝利を掴んだが、難しい時間もあった。だが今は若い選手も多いからね」

若い選手をじっくりと育て、2、3年後の成功を目指して戦えばチームは自ずと変わってくるだろう。今季ミランはリーグ戦でトップ4フィニッシュが見える位置まできているが、数年後にチャンピオンズリーグ・ベスト4に達することは可能だろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ