「なぜ冗談を言い合うことができる?」 マンUサポーターが2選手に怒り爆発

ウルブズに敗れたマンU photo/Getty Images

ウルブズに1-2で敗れたが……

トップ4フィニッシュへ突き進みたいところだったが、マンチェスター・ユナイテッドは2日のウォルバーハンプトン戦を1-2で落としてしまった。マンUにとっては非常に痛い敗北だが、このゲームでサポーターの怒りを買ってしまった選手が2人いる。

ベンチに座っていたGKセルヒオ・ロメロとDFマルコス・ロホだ。2人は指揮官オーレ・グンナー・スールシャールの構想から外れているのだが、1-2でリードされていた試合終了間際にベンチで何やら談笑している場面がカメラに捉えられてしまったのだ。

コミュニケーションを取ることは悪いことではないが、リードを許している状態で笑い合っていたのはさすがにまずい。英『METRO』によると、サポーターからは怒りの声がSNS上に挙がっているという。

「ロホとロメロが負けている時に笑っていた。俺のクラブから出て行け」

「なぜ負けているのにロホとロメロは冗談を言い合うことができるんだ?」

「敗れて3位に行くチャンスを失った。ロメロとロホは恥さらしだ」

時折ベンチメンバーが笑っている場面がカメラに映り、それが問題視されることはある。ベンチメンバーまで心を1つに出来ていなければトップ4入りは難しいが、マンUはまとまることができているのか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ