サッカーゲーム最強の”重戦車”! インテルFWが語る約10年前のモンスター

インテルのケイタ・バルデ photo/Getty Images

愛用した人は多いはず

昨夏フランスのモナコからインテルにレンタル移籍したFWケイタ・バルデ・ディアオは、幼い頃よりインテルに憧れていたという。インテルでは出場時間が限られるなど理想的なシーズンとなっていないかもしれないが、インテルでプレイできていることに特別な感覚があるのだろう。

どれだけインテルを好んでいたのか。ケイタはそれが分かるエピソードの1つとして、ゲームで常にインテルを使用していたことを明かしている。ゲームのバージョンによっても違うが、10年ほど前のインテルは陣容も豪華だった。

「幼い頃はFIFAで遊んでいて、常にインテルを選んでいた。アドリアーノ、ヴェロン、マルティンスらがいたんだ。当時のアドリアーノは非常に強かったよね。本当に強かった。僕のルーツはインテルにあったんだ。父はミランを応援していたけどね。ラツィオの下部組織にいた頃はサミュエル・エトーに憧れていた。彼はアイドルだよ」

クラブ公式でケイタはこのように話しているが、当時インテルに所属していたブラジル代表FWアドリアーノをゲームで愛用していた人は多いだろう。当時は縦への推進力、シュート力など、全てが規格外の存在となっていた。

当時に比べるとインテルはセリエAでも苦戦を強いられており、今季もチャンピオンズリーグ出場権獲得へ早々に目標を切り替える必要があった。サポーターも現状に納得していないはずだが、再び強いインテルを取り戻せるか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.238 プレミアリーグ大戦国時代を超分析
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ