「テア・シュテーゲンはノイアーに追いついた」 “皇帝”がドイツの守護神争いに言及

バルセロナで安定した活躍を見せるテア・シュテーゲン photo/Getty Images

絶対的守護神の牙城を崩せるか

ドイツ代表は24日に行われたEURO予選のオランダ戦に3-2で勝利した。この試合でドイツのGKを任されたのは、長らく守護神に君臨しているマヌエル・ノイアーだ。ノイアーは2009年にドイツ代表デビュー。このオランダ戦で通算86試合出場を達成し、オリバー・カーン氏の記録に並んでいる。しかし、この偉大なGKも油断をすればすぐにポジションを失いかねない状況にあるようだ。

英『Squawka』によると、かつてドイツ代表で103試合に出場し“皇帝”と称されたフランツ・ベッケンバウアー氏は、バルセロナに所属するマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンがノイアーに追いついたと語っている。

「テア・シュテーゲンはノイアーに追いついた。だが、彼はノイアーの怪我によって恩恵を受けている。ノイアーは立ち直ってナンバーワンに居続けるだろう。私は彼を信じている。でも、テア・シュテーゲンはあきらめないだろうね」

今季のテア・シュテーゲンは、リーグ戦においてアトレティコ・マドリードのヤン・オブラクに次いで2位となる11回のクリーンシートを達成。彼はバルセロナという世界トップレベルのクラブで安定したパフォーマンスを披露し、代表では負傷離脱していたノイアーの穴を埋めるなど確実にその評価を高めている。

今頃、テア・シュテーゲンはここまでやってもノイアーからポジションを奪えないのかと思っているに違いない。しかし、ノイアーは32歳とベテランの域に入っており、ヨアヒム・レーヴ監督が世代交代を図るなら26歳のテア・シュテーゲンにもチャンスはまわってくるはずだ。はたして、2020年のEUROでドイツ代表のゴールマウスを守っているのはどちらのGKなのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:各国代表

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ