リヴァプールの点取り屋に焦り? OBは苦言「彼は利己的で欲張りだった」

リヴァプールのサラー photo/Getty Images

得点奪えず焦りか

17日、リヴァプールはアウェイでフラムに2-1で競り勝って重要な勝ち点3を手にした。チームにとって大きな勝ち点だが、FWモハメド・サラーは少し焦りを感じているのではないだろうか。このゲームでもサラーに得点は生まれず、現在はカップ戦も含めれば7試合連続で得点がない。

サラーは昨季のプレミアリーグ得点王で、リヴァプール最大の得点源だ。自分がゴールを決めなければとの意識も強いはずで、ここ最近はやや強引にゴールへ向かおうとするシーンも目につく。英『sky SPORTS』によると、リヴァプールOBのジェイミー・キャラガー氏もフラム戦でのサラーが利己的で欲張りだったと指摘している。

「彼は利己的で、欲張りだった。間違いなくね。リヴァプールにとって彼の得点記録はプレミアリーグでも突出している。得点数も、チャンスメイクもね。今季も彼よりゴールに絡んだ者はいないし、彼は継続して脅威だ。だが、フラム戦では2、3度頭を上げて周りを見るべきだった」

今はサラーの得点が止まっているが、代わりにサディオ・マネが好調を維持している。今回のフラム戦でも得点を記録しており、サラーにばかり負担がかかっているわけではない。ゴールにこだわるのはアタッカーらしいが、サラーも焦らず周囲と連携していくべきか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ