バイエルン、ついに守護神ノイアーを見切る!? 気になる後継者候補は……

長きにわたりバイエルンの守護神を務めてきたノイアー photo/Getty Images

ドンナルンマの獲得に再挑戦?

ドイツの絶対王者バイエルン・ミュンヘンが、来季へ向けて守護神の交代を画策しているようだ。

2011年に加入して以降、長きにわたりバイエルンのゴールマウスを守ってきたのがドイツ代表GKマヌエル・ノイアーだ。高いセービング能力に加え、11人目のフィールドプレイヤーと感じさせるような守備範囲の広さで、欧州最優秀GKやブラジルW杯の最優秀GKに選ばれるなど、数々の賞を受賞。名実ともに世界No.1GKとなった。

しかし、そんな同選手に悪夢が襲う。2017年4月に左足の中足骨を骨折し、同年9月に復帰を果たすも、すぐさま同じ箇所を骨折。2017-18シーズンは、ほぼ1シーズン丸々を棒に振ってしまったのだ。昨夏に復帰すると、好セーブでチームの窮地を救う場面も多々あるが、らしくないミスなども目立ち、かつてのパフォーマンスとは程遠い。その結果、メディアから批判されることもしばしば。今月13日に行われたチャンピオンズリーグのリヴァプール戦(ラウンド16・2ndレグ)でも、マネに先制点を許すシーンで、前へ飛び出したノイアーの判断ミスとする声も多く、試合後に非難が集中している。

こういった状況に加えて、まもなく33歳を迎える年齢も考慮し、バイエルンは今夏にノイアーの後継者探しを実行しようとしているとのことだ。伊『calciomercato.it』などが伝えている。そして同メディアによると、新守護神として白羽の矢が立ったのが20歳のジャンルイジ・ドンナルンマ。バイエルンはノイアーを見切り、かつて興味を示したACミランの若き守護神の獲得に再挑戦しようとしているという。

ブンデスリーガの苦戦に続いて、チャンピオンズリーグも8シーズンぶりのベスト16で敗退と、来季へ向けてチーム改革が求められているバイエルン。今夏の移籍市場で、ドンナルンマの獲得に動くのだろうか。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ