安全なプレイばかり? チェルシーのクロアチア産天才MFの”攻撃力”に疑問

チェルシーのコバチッチ photo/Getty Images

得点力が物足りないか

今季のチェルシーでは、結果が出なかった時に指揮官のマウリツィオ・サッリと教え子ジョルジーニョに批判が集中する傾向にあった。アンカーのジョルジーニョを中心としたサッカーにこだわりすぎているのではとの意見もあり、批判される機会が目立ったのだ。

しかし、その批判がもう1人のMFに飛び火してきている。レアル・マドリードからレンタルで加わっているMFマテオ・コバチッチだ。コバチッチは世界的に評価されるテクニシャンだが、インサイドハーフとして攻撃力が不十分との意見が出ている。

英『Squawka』はセーフティなプレイを選びすぎと指摘しており、縦への推進力に欠けると分析している。ボールを失わないテクニックはさすがだが、ナポリ時代にサッリ政権の中心選手だったマレク・ハムシクのような得点力も欲しい。

「コバチッチは攻撃的MFと呼ばれるが、まだ彼は求められている創造性を提供していない。彼のパスはセーフティで、ドリブルもセーフティ、彼はリスクを取らない。これはジョルジーニョの代役を務めるなら良いが、最も攻撃参加するMFとして起用することはできない」

もう1人のインサイドハーフはエンゴロ・カンテが務めており、カンテは守備に最大の特徴がある選手だ。攻撃に創造性をプラスするような選手ではなく、コバチッチが務める左のインサイドハーフにはジョルジーニョやカンテが持っていない攻撃力が求められる。

英『Football London』によると、サポーターからもコバチッチへの疑問の声が上がっているという。チェルシーは10日にウォルバーハンプトンと1-1で引き分けており、サポーターもフラストレーションを溜めているのだろう。

「ジョルジーニョとコバチッチは頼りにならない兄弟のよう」

「唯一理解できないのは、なぜコバチッチはこんなに高く評価されているのか?」

「ボールの扱いは上手いが、ロフタス・チークの方がもっと前へ行ける」

左のインサイドハーフにはロス・バークリー、ルーベン・ロフタス・チークもいる。サポーターの中にはコバチッチより2人を優先してほしいとの思いもあるはずで、クロアチア産の天才MFの評価が怪しいものとなってきている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.233 今季貢献度で選んだリーグ別ベストイレブン
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ