[粕谷秀樹のメッタ斬り]何をやっているんだ!? チェルシーはチーム作りを改めるべき

レアルへの移籍の噂が絶えないアザール photo/Getty Images

プリシッチ獲得はアザール退団の布石

1月、チェルシーにゴンサロ・イグアインがやって来たけれど、どうなんだろうね。ハダースフィールド戦で2ゴールを決めたとはいえ、この相手はプレミアリーグで闘える戦力を持っていないから、イグアインの力を計る試合とはいえない。案の定、続くマンチェスター・シティ戦は沈黙したでしょ。まぁ、冬の移籍で即フィットしろっていうのは酷なリクエストだ。イグアインの評価は、来シーズンまで待つことにしよう。

でも、チェルシーの人事って不思議だよ。ボルシア・ドルトムントからクリスティアン・プリシッチを獲得したのに、なぜローンバックしたのか……。もう、布石ですよ、「フ・セ・キ」。今シーズン終了後、エデン・アザールがレアル・マドリードに移籍するのはほぼ間違いない。本人もエル・ブランコに対する憧れを隠していないし、複数のメディアを通じて「チェルシーは今シーズン限り」とにおわせている。マウリツィオ・サッリ監督も慰留するつもりはないようだ。

「残ってほしいけれど、移籍したいのであれば仕方がない」

しかもサッリは、「エースと呼べるほどの活躍はしていない」と、公の席でアザールを批判した。敗れると必ず、子飼いのジョルジーニョを除く選手の姿勢に首を傾げる。「モチベーションが低い」。身内の不満を外に漏らすなんて、現場の長にあるまじき行為だ。

前半戦の好調とは打って変わり、不調に陥り去就が騒がしくなってきたサッリ photo/Getty Images

シティ戦の0-6が引き金に!?

まぁ、チェルシーらしいっていえばそれまでだけどね。かつてジョゼ・モウリーニョも、アンドレ・ビラス・ボアスも、そしてアントニオ・コンテも同じ罪を犯している。要するにサッリも悪しき伝統を受け継いだ……ってことは、チャンピオンズリーグ(以下CL)の出場権を獲得できなかった場合、いやいや終盤戦のパフォーマンスがさらに低下すれば……。ひょっとするとマンチェスター・シティ戦の0-6が引き金になり、サッリは解雇されるかもしれないよ。オーナーのロマン・アブラモビッチは辛抱できないからさ。

でも、監督に全責任を押し付けるのはアンフェアだ。昨シーズン、CLの出場権を失いながら、今シーズンの上積みがジョルジーニョ、マテオ・コバチッチ、ケパ・アリサバラガではインパクトに欠ける。今冬も構想外のガリー・ケイヒル、ダニー・ドリンクウォーター、ロバート・グリーン、ルーカス・ピアソンを換金できなかった。ホームグロウン制度の定数(8名)が関係しているんだろうけれど、グリーンは峠を越えたGKだし、ピアソンはローンの連続でしょ。上層部は何をやっているんだ!?

監督をコロコロ代えたり、不要な選手に週給を払ったり、おかしくないか。最大の強みだった経済力でもシティに劣るのだから、これまでの手法は通用しない。スタジアムのリニューアル計画も頓挫したことだし、チェルシーはチーム作りを改めた方がいいね。

文/粕谷秀樹

サッカージャーナリスト。特にプレミアリーグ関連情報には精通している。試合中継やテレビ番組での解説者としてもお馴染みで、独特の視点で繰り出される選手、チームへの評価と切れ味鋭い意見は特筆ものである。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.230 アジア杯準優勝を糧にコパ・アメリカへ挑め!
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ