これが未来のバイエルン? ”平均年齢22歳”の超若返りイレブン!

練習で競り合うフリュヒトルとデイビス photo/Getty Images

大規模改革せずとも優秀な若手ズラリ

バイエルンでは世代交代の必要性が叫ばれているが、徐々に未来の形は見えてきているのではないか。まだまだロベルト・レヴァンドフスキやマヌエル・ノイアーといった経験豊富な選手たちが重要な役割を担っているものの、若手も確実に増えてきている。

ブンデスリーガ公式は「これが将来ブンデスリーガを制するバイエルンか?」と題し、若い選手を中心としたスタメンを作成している。決して実現不可能な11人ではなく、近い将来この形になってくるはずだ。

GK
クリスティアン・フリュヒトル(19)

DF
ジョシュア・キミッヒ(24)
ニクラス・ズーレ(23)
ベンジャミン・パヴァール(22)
ダビド・アラバ(26)

MF
コランタン・トリッソ(24)
レナト・サンチェス(21)
レオン・ゴレツカ(24)

FW
アルフォンソ・デイビス(18)
キングスレイ・コマン(22)
セルジュ・ニャブリ(23)

同サイトが作成したスタメンは平均年齢が22歳となっており、大幅な若返りとなる。アラバやキミッヒ、ゴレツカはすでにチームの中心で、ズーレも伸びている。さらにパヴァールを今冬に獲得したことで、マッツ・フンメルスとジェローム・ボアテングからの世代交代も整った。

GKのフリュヒトル、今冬チームに合流したデイビスは10代で経験が浅く、この2人は即戦力とは言いにくい。しかしその他のポジションはバランスよく実力者が揃っており、未来に希望が見える11人と言えるのではないか。もちろん今後も補強には動くはずだが、それほど大規模な改革は必要ないかもしれない。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.232 平成の日本代表クロニクル
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ