優勝決めるゴール、10を超えるタイトル なぜベイルをもっと評価しない!? 

レアルのベイル photo/Getty Images

英メディアはレアルサポーターの厳しい姿勢に疑問

レアル・マドリードに所属するFWガレス・ベイルは、レアルに加入してから多くの批判を浴びてきた。何より比較対象がクリスティアーノ・ロナウドとなるため、ベイルに求められることは自然と難しくなる。また怪我が多いのもベイルの特徴で、それに対して鉄人ロナウドはほとんど怪我をしない。これもベイルが批判を浴びる理由なのだろう。

しかし英『Daily Mail』は、「なぜレアルのサポーターはベイルを愛さないのか」と主張している。確かにベイルは怪我が多く、フルシーズンを戦えたことはほとんどない。しかし、レアルでの実績は十分すぎるものだ。レアルでの獲得タイトル数は10を超え、中にはベイルのおかげで獲得できたタイトルもある。

例えば2013-14シーズンのチャンピオンズリーグ決勝、アトレティコ・マドリード戦では延長戦にベイルが貴重な勝ち越し点を記録している。その後PKを決めて豪快にユニフォームを脱いだロナウドのセレブレーションで話題を持っていかれた感はあるが、決勝点はベイルだ。

さらに昨季の決勝・リヴァプール戦でもオーバーヘッド弾を含む2ゴールと爆発し、勝利の立役者となった。昨年のクラブワールドカップでも鹿島アントラーズとの準決勝でハットトリックを達成するなど、ビッグゲームで結果を出しているのはベイルの大きな特徴だ。

それでもベイルの評価は今ひとつで、今ではベイルが怪我をしている間に存在感を強めてきた18歳FWヴィニシウス・ジュニオールの方が人気を得ていると言っていい。ポジションは保証されていないといった見方まであり、昨季まで所属していたロナウドとは扱いが大きく異なる。

同メディアはそうした扱いに納得できない部分があるようだが、ベイルはもっと評価されるべきなのか。今節のエスパニョール戦でも華麗な振り向きから得点を記録しており、これを継続してサポーターの信頼を完全に勝ち取りたいところだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.249 欧州蹴球10年の軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ