ミランをあっさり離れた2人の実力者 栄光の時代知るシェフチェンコが嘆く

ミランを離れたボヌッチ photo/Getty Images

ミランのユニフォームに誇りを

ミランといえばイタリアと世界を代表する名門クラブだが、ここ数年は苦しい状況が続いている。チームの成績がなかなか上がらないこともそうだが、現役選手たちにとってミランが特別なクラブでは無くなりつつあるのだろう。選手たちがミランをあっさり離れてしまうケースも珍しいものではなくなってきた。

象徴的なのはユヴェントスからやってきたDFレオナルド・ボヌッチとFWゴンサロ・イグアインだ。ボヌッチは昨季ミランでプレイしたが、期待されたほどフィットしなかったこともあってか1年でユヴェントスに戻っている。イグアインは昨夏にレンタルで加入したが、先日チェルシーに向かうことが発表された。

伊『Il Gionare』によると、こうした動きを嘆いているのがクラブOBアンドリー・シェフチェンコだ。ミランはイグアインの後釜としてすぐにジェノアFWクリシュトフ・ピアテクを獲得したが、シェフチェンコはミランのユニフォームを着ることに誇りを感じて欲しいようだ。

「ピアテクとイグアインは大きく変わらないよ。2人とも優れたフィニッシャーだ。イグアインはよりチームを助けられるが、両者とも得点力がある。イグアインとチェルシーの間に何があったかは知らない。イグアインも、ボヌッチもミランを去ったが、私に分かるのはミランのユニフォームは常に誇りであり、それを感じるべきということだ」

現在セリエAを支配しているのはユヴェントスで、そこからやってきた2人の実力者はあっさりとミランを離れてしまった。ミラン栄光の時代を知るシェフチェンコにとっては悲しい動きとなったようだ。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.246 欧州サムライ伝説2 2010年-2019年編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ