後半戦の巻き返しを狙うローマ 解決策は「チーム内」にあり!?

ローマのスポーツディレクターを務めるモンチ氏 photo/Getty Images

序盤戦苦戦も「チームはすでに強い」

今季序盤戦で苦戦を強いられたローマだが、同クラブのスポーツディレクターを務めるモンチ氏は現在のチームに自信を持っているようだ。

格下相手に勝ち点を取りこぼすなど第19節終了時点で8勝6分5敗、勝ち点30で6位に沈んでいるローマ。ただ、直近はユヴェントス戦で接戦の末に敗れはしたものの、3勝1敗と徐々に調子を取り戻しつつある。この勢いをさらに加速させるためにも、ローマにとって今冬の補強が重要となりそうだ。しかし、モンチ氏やチームの指揮官を務めるエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督はそうは思っていない。

モンチ氏が伊『Rai Sport』などインタビューに応じると、移籍に関しての質問が飛んだ。すると、同氏は「ローマに所属していない選手について話すことはない。ただ、少し話したいことがある」と述べ、次のようなコメントを残した。
「昨日、私は監督の話を聞いた。実際には毎日のように彼には話を聞いているんだが、彼は私と同じことを言ったよ。我々は我々のレベルを上げるために、何名かの選手の獲得を模索しているが、もし見つからなかった場合は現状のままで戦わなければならない」

「彼は何も要求してこなかったよ。スポーツマネジメントチームがチームのために、毎日一生懸命働いていることを理解しており、限界があることも知っている。我々は夏に積極補強も行ったしね。私が思うに、チームはすでに強い。だから、解決策はチーム内から見つけなければならないんだ」

ローマの今後の復調への課題は、よりチームの成熟度を上げることなのかもしれない。チームとしてさらに成長し、後半戦で巻き返しを図ることができるのか。

記事一覧(新着順)

電子マガジン「ザ・ワールド」No.294 改革者クロップの軌跡

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ