0トップ、アザールの代役 チェルシーはプリシッチをどう起用する?

チェルシー移籍が決まったプリシッチ photo/Getty Images

英メディアが起用法を検討

2日、チェルシーはドルトムントからMFクリスティアン・プリシッチの獲得を発表した。今季の間はレンタルの形でドルトムントに残留することになるが、気になるのは来季チェルシーがプリシッチをどう起用するかだろう。

シンプルに考えるならば右のウイングだろう。現在チェルシーの右サイドはウィリアン、ペドロ・ロドリゲスが担当しているが、サポーターも100%満足してはいないはず。突破力やスピードを考えるとプリシッチが右サイドのファーストチョイスとなるはずだ。

もちろん左サイドでもプレイ可能だ。ただ、左のウイングにはエースのエデン・アザールがいる。プリシッチが来季左サイドを担当するということは、その時にはアザールが退団してしまっているのだろう。英『Football London』は、アザールがレアル・マドリードに行く場合はプリシッチが左サイドに回ることになると伝えており、移籍する可能性があるアザールの代役を今冬のうちに獲得しておいたと考えることもできる。

同メディアが提案するプリシッチの起用法はこれだけでは終わらない。プリシッチはウイングの選手だが、指揮官マウリツィオ・サッリの下でナポリのドリース・メルテンスのように0トップを任される可能性も伝えている。これはプリシッチにとって新たな領域であり、チェルシー行きを選択したことによってプレイの幅が大きく広がることになるかもしれない。アルバロ・モラタ、オリヴィエ・ジルーに代わる頼れるストライカーを獲得できなければ、プリシッチが中央を担当する可能性は大いに考えられる。

サッリはプリシッチをどう育てていく考えなのだろうか。2年目を迎える来季にはサッリ流も固まってきているはずで、プリシッチ加入による進化に期待だ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.235 理想家vs策士! 今、Jを進化させる指揮官たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ