バルサはメッシ&スアレスの後継者探してる? ターゲットは若き”2人”

ウルグアイ代表にも選ばれているマキシ・ゴメス photo/Getty Images

徐々に後釜探しが必要か

今は問題ないが、バルセロナにはいずれ直面する大きな問題がある。リオネル・メッシ、ルイス・スアレスの後釜をどうするかだ。

メッシとスアレスはともに31歳で、徐々にベテランの域に入ってきている。現在のフォームをあと何年維持できるかは分からず、クラブは2人の後釜を見つけておかなければならない。今季はレアル・マドリードがクリスティアーノ・ロナウドの退団で苦しんでいるが、バルセロナもメッシやスアレスが退団した際には大いに苦労することになるだろう。

またメッシは以前から故郷ニューウェルズ・オールドボーイズで引退したいとの夢も明かしており、そう考えるとバルセロナにいつまで留まるかは分からない。

スペイン『Mundo Deportivo』によると、バルセロナも若いタレントのチェックには動いている。前線ではセルタFWマキシ・ゴメス(22)、ミランからレンタル移籍しているセビージャFWアンドレ・シウバ(23)の2人に目をつけているというのだ。

マキシ・ゴメスは昨夏セルタに加わったアタッカーで、ここまでリーガ・エスパニョーラ通算49試合25得点の数字を残している。スアレスと同じウルグアイ代表のアタッカーだ。

もう1人のシウバはポルトガルでクリスティアーノ・ロナウドの後継者ともされる期待のストライカーで、セビージャでは今季リーグ戦8得点を記録している。ミランでは苦しんだが、得点を奪う力は十分に備えている。

英『Express』はこの2人が長期的なメッシ、スアレスの後継者候補になるのではないかと見ており、今後もバルセロナは若手アタッカーのチェックに力を入れていくだろう。完全な代役を見つけるのは不可能に近いが、数年後のバルセロナはどのようなチームとなっているのだろうか。

記事一覧(新着順)

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.247 欧州サムライ伝説NEXT 次世代を牽引するライジングスター編
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

人気記事ランキング

LIFESTYLE

INFORMATION

記事アーカイブ