100m走なら負けるけど ”FIFA19最速の男”がボルト超えに自信

サッカー界最速の男トラオレ photo/Getty Images

ドリブルのスピードなら負けない

今季に入ってからサッカー界No.1のスピードスターではないかと話題を集めていたウォルバーハンプトン所属のMFアダマ・トラオレは、世界的に人気なサッカーゲーム『FIFA』シリーズの最新作であるFIFA19で最速のプレイヤーに選ばれたという。トラオレもこの結果を喜んでいるようなのだが、トラオレには気になっている選手が1人いる。

それは現在オーストラリアのセントラルコースト・マリナーズでサッカー選手としてのキャリアをスタートさせている世界最速の男ウサイン・ボルトだ。ボルトが短距離の王者なのは誰もが知るところで、ボルトは最速のサッカー選手ということになる。しかし英『FourFourTwo』によると、トラオレはボールを持てば自分の方が速いと主張。ボルトを上回る真の最速プレイヤーになりたいようだ。

「FIFA19で最速の選手となったのは良いことだね。だが、ボルトがセントラルコースト・マリナーズでサッカーを始めていて、彼は来季ライバルになるかもしれない。明らかなことは、ボルトは100m走なら僕を倒せる。だけど30m以上をボールを持ってならどうだろう?それなら僕が毎回勝つよ。ボールを持つと全然違うんだよ。僕は多くの陸上選手たちとトレーニングしてきたけど、みんなボールありとボールなしでは全く違うと言っていたからね」

ボルトもボールを持った状態で自分がどれほどの速度で走れているのか、今ひとつ理解できていないところがあるだろう。ただ全力疾走すればいいというわけではなく、トラオレはボールを持ってのスプリント勝負ならサッカー界最強との自信を持っているようだ。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.227 ビッグクラブに変革をもたらす監督たち
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ