ナインゴランらの穴埋まらぬローマ 指揮官は今夏の補強に不満?

ローマを指揮するエウゼビオ・ディ・フランチェスコ photo/Getty Images

リーグ戦でも結果出ず

リーグ戦では1勝2分1敗と鈍いスタートを切り、チャンピオンズリーグでもレアル・マドリードに0-3の完敗を喫したローマ。ここまで順調とは言えない状況となっているが、伊『Calciomercato』は指揮官エウゼビオ・ディ・フランチェスコが今夏の補強に不満を抱いているのではないかと伝えている。

今夏のローマはなかなか忙しい夏を過ごし、GKアリソン・ベッカー、MFラジャ・ナインゴラン、ケビン・ストロートマンら主力が退団。その代わりにMFハビエル・パストーレ、スティーヴン・エンゾンジ、DFイバン・マルカノ、FWジャスティン・クライファートらを獲得した。しかし、ここまで新戦力が完璧にフィットしているとは言い難い。

クライファートはまだ19歳と若いこともあるが、ベンチで過ごす時間がほとんどだ。パストーレとエンゾンジについても、同メディアはディ・フランチェスコのスタイルに合っていない部分があると見ている。新戦力は適応に時間を要するものだが、今のローマはナインゴランとアリソンの穴が埋まっていない状況にある。アタランタ、レアルには3失点するなど、サポーターにとってはフラストレーションの溜まる展開だろう。

今夏の補強はやってきた選手も多かったが、出て行った選手も多かった。チーム力が上がっていると言い切るのは難しく、ローマはやや苦しい時間を過ごしている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ