トッテナムの守備は脆弱? 批判されたのは大迫勇也にやられたあのDF

相手DFと競り合うダビンソン・サンチェス photo/Getty Images

フィジカルは抜群だが……

マウリシオ・ポチェッティーノの作り上げたトッテナムは攻守ともにバランスの取れたチームとなっているのだが、前節はワトフォード、今節はリヴァプールに1-2で敗れてしまった。特にリヴァプール戦は最終ラインから何度も危ないパスミスがあり、自分たちからピンチを招いてしまった。

そのトッテナムは今夜チャンピオンズリーグでインテルと対戦するが、かつてセリエAとプレミアリーグの両方で活躍したパオロ・ディ・カーニオはトッテナムの守備が脆弱だと厳しい指摘をしている。伊『Calciomercato』によると、ディ・カーニオはトッテナムの守備ならリードされても逆転できそうな気持ちになると語っており、その完成度に疑問があるようだ。

「スパーズは見ていて非常に美しいチームだが、彼らは脆すぎる。彼らは非常に良いプレイができるが、2-0となっても対戦相手に追いつけそうな感覚を与えてしまう」

またディ・カーニオはコロンビア代表DFダビンソン・サンチェスを名指しで批判しており、3バックでプレイする時に問題を起こしがちだと語っている。

「問題なのは3-5-2でプレイするときだ。彼らはこのシステムで苦戦しているが、私はサンチェスが1つの理由だと考える。サンチェスは優れたフィジカルを備えているが、彼は直接的すぎる。イングランドのサッカーのスピードを理解していないし、正しい動きを学ばないと」

サンチェスといえばロシアワールドカップで日本代表とも対戦したが、あの時も日本にPKを与えるきっかけとなったプレイで大迫勇也にあっさり反転されたことが批判の対象になっていた。フィジカルが優れすぎているからこそ、身体能力だけで片付けてしまおうとするところがあるのだろう。能力は確かなのだが、今のところはヤン・ヴェルトンゲンとトビー・アルデルヴァイレルトの序列が上となっている。

記事一覧(新着順)

注目キーワード

CATEGORY:海外サッカー

注目タグ一覧

最新号を無料配信中!
電子マガジン「ザ・ワールド」
No.237 シーズン開幕! 欧州4大リーグ大予測
theWORLD(ザ・ワールド)は世界中のサッカーを網羅する、日本初のスマートデバイス対応フリーミアム 電子マガジン!

雑誌の詳細を見る

人気記事ランキング

INFORMATION

記事アーカイブ